A Heart of Gold  ”金のハートを持った人”ってどういう意味?

公開日: : 最終更新日:2014/05/17 オープンカレッジ, 英語のイディオム

Swoon
Swoon / knitsteel

聴講生として参加している大学の講義(プラクティカルイングリッシュ)。
テキスト『Can You Belive It?』は、第3章”A Heart of Gold”へ進みました。

 

A Heart of Gold

A man who has a heart of goldは、直訳すると、”金のハートをもった人”。

この章では、カリフォルニアに住むメキシコ移民のVictor Bacelisさんのお話(実話)が紹介されています。
メキシコの貧しい村で生まれ育ったVictroさんは、自分の家を買うという目標に向かって、マクドナルドを含めた3つの異なる仕事を週に90時間以上もし、お金を貯めていました。ある日、Victorさんはマクドナルドでの仕事中に、落ちていた封筒を拾います。中には612ドルの現金が入っていました。警察に届けたものの、持ち主が現れず、そのお金はVictorさんのところに戻ってきました。
自分のものにしてしまってもよいお金ですが、Victorさんは新聞記事で見た病気の小さな男の子Adrianの手術のために、そのお金を寄付します。

“Life has been nice to me,” Bacelis said. “I’m healthy. I have enough money. Adrian is a little boy, and his condition really touched me. This is what I want to do. Victro Bacelis truly has a heart of gold.

 

テキストに載っている英語の説明を見ると、

have a heart of gold = have a kind and generous character と書かれていました。”親切で気前のよい性格をもっている”ということですね。文脈によっては ”心の美しい”と訳しても良いかもしれません。

 

New idioms and expressions

get in touch with someone = contact someone by phone, e-mail, etc.
(何らかの手段で)連絡を取る

※keep in touch と似ていますが、そちらは”連絡を取り合う”の意味。これからも連絡を取り続けたい、というニュアンスです。

give something back = return something (to someone)

give something away = give something as a gift

 

※私が使用しているテキストは、オックスフォード(OXFORD)から出ている「Can You Believe It? (Stories and Idioms from Real Life, Book 2)」です。

>> このテキストの紹介はこちら

ad

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

関連記事

It’s No wonder! That takes the cake! ってどんな意味?

聴講生として参加している大学の講義の初日は、テキスト「Can You Believe It?

記事を読む

no image

英語の寸劇(skit script)のミスを修正、次回発表です。

久しぶりの更新になってしまいました・・・。(アメリカ旅行が近づいてきたこともあり、親子ホームステイサ

記事を読む

プラクティカル・イングリッシュの講義に聴講生として参加

先日、大学のオープンカレッジに聴講生として参加します という記事を書きましたが、昨日、その第

記事を読む

Lost Skier Dances All Night Long

少し間隔が空いてしまいましたが、聴講生として参加している大学の講義(プラクティカルイング

記事を読む

大学のオープンカレッジに聴講生として参加します

昨年、市内のとある大学の一般向け公開講座(TOEIC対策講座)を受講しました。 ▼その

記事を読む

ad

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑