It’s About Time! cost an arm and a legってどんな意味?

公開日: : 最終更新日:2014/05/28 オープンカレッジ, 英語のイディオム

It's About Time!

更新の間隔が空いてしまいましたが、聴講生として参加している大学の講義(プラクティカル・イングリッシュ)は毎週しっかり受講しています。

今回は、テキスト「Can You Believe It? (Stories and Idioms from Real Life, Book 2)」の第2章、”It’s About Time! “と、新しいイディオムについて。

It’s about time! = it’s later than expected!
意味:(皮肉を込めて)ちょうどいい頃合いね。(実際は、予想よりも遅い)

この章では、40年間の婚約期間を経て結婚したイタリア人カップル(VittoriaさんとSebastionさん)の実話に基づくストーリーが紹介されています。若かりしSebastioさんは、恋人であるVittoriaさんにプロポーズをし、Vittoriaさんはそれを受け入れるものの、”Let’s wait to get married util we can afford the perfect wedding! We don’t have enough money now.”と言ったそうです。

”今はお金がないから、お金が貯まるまで結婚式を待とう”というのは珍しい話ではないと思いますが、その期間が40年ともなるとビックリですね。具体的な年齢は書かれていませんでしたが、プロポーズが20代とすれば、挙式は60代ということになりますもんね。

なぜそんなに長い年がつがかかったか・・・というと、Vittoriaさんが欲しいと思ったウェディングドレスが、cots an arm and a leg だったからです。

cost an arm and a leg = be very expensive
腕1本と足1本くらいの値段=ものすごーく高価、の意味。

Vittoriaさんは40年間貯金をし、毎年少しずつドレスの代金を支払い続けたそうです。そのこともすごいけれど、40年経っても体型が変わらないの!?と、そんなところに驚いてしまった私。(^^;

40年の婚約期間を経てようやく結婚式を挙げた二人を見て、彼らの友人は言ったそうです。”It’s about time!“と。

 

New idioms and expressions

この章にでてきたほかのイディオムと表現も、確認のために記しておきます。

be in love (with someone) = love (someone) strongly in a romantic way

get married (to someone)
= marry (someone)
※「~と結婚する」という意味の「marry」は他動詞なので、直後に相手の名前がきます。「get married」は自動詞なので、後ろに相手の名前をつけたいときは、toが必要です。

can afford something = have enough money to buy something
[類] affordable(形容詞) 入手可能な、手ごろな、の意味。

save up = keep money so one can use it later
「貯金する」という意味の句動詞(pharasal verb)

tie the knot = marry
the knotは「結び目」のこと。ネクタイの結び方で「プレーンノット」「ダブルノット」って言いますよね。結婚はふたりの人生の結び目となる・・・ということなのかな? ちょっとインフォーマルな表現みたいです。

be in seventh heaven = be very happy
直訳すると「7番目の天国にいる」ですが、「最高に幸せ!!」という意味のイディオムです。私はキリスト教の教義に詳しくありませんが、7番目の天国=最上層の天国、というような意味らしいです。

イディオムは言葉よりイメージで覚えると、記憶に残りやすい気がします。

ad

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

関連記事

It’s No wonder! That takes the cake! ってどんな意味?

聴講生として参加している大学の講義の初日は、テキスト「Can You Believe It?

記事を読む

no image

英語の寸劇(skit script)のミスを修正、次回発表です。

久しぶりの更新になってしまいました・・・。(アメリカ旅行が近づいてきたこともあり、親子ホームステイサ

記事を読む

プラクティカル・イングリッシュの講義に聴講生として参加

先日、大学のオープンカレッジに聴講生として参加します という記事を書きましたが、昨日、その第

記事を読む

no image

英語の寸劇(skit script)作成の宿題

私が聴講生として参加している大学の英語(Practical English)のクラスの課題で、英語の

記事を読む

A Heart of Gold  ”金のハートを持った人”ってどういう意味?

Swoon / knitsteel 聴講生として参加している大学の講義(プラクティカルイン

記事を読む

ad

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑