最後の英語やり直し! (勝間 和代 著)

公開日: : 日々の英語学習

勝間 和代さんの著書「最後の英語やり直し!」を読みました。
上はAmazonのリンクですが、私は楽天Koboで電子書籍を購入して読みました。Kobo商品ページはこちら→ 最後の英語やり直し!-【電子書籍】

リンク先ページ(Amazon)のカスタマーレビューを見ていただくとわかるのですが、この本、賛否両論というか・・・低評価が多いんですよね。著者の勝間和代さんは著書も多いし、メディアへの露出も多いので、いろいろな意見があるんだと思います。私は勝間さんのファン(カツマー?)ではないし、否定派でもありません。つまり、あまりこの方のことをよく知らなくて、先入観のない状態で、この本を読んでみました。

内容紹介

以下、Amazonの内容紹介を引用します。

最後の英語やり直し!

TOEIC420点から900点へ――。
仕事にいかして、実益も得る。おいしいとこ取りの勉強法だからこそ、誰がやっても絶対続く! 身につく!
自分中心の目標を立てる。電子メディアをとことん活用する。日常をまるごと英語環境に変える――など、「本当に使える英語」をものにするため勝間式〈最終手段〉で、もう、時間とお金を無駄にしない!

目次

第1章 「コツ」から「蓄積」へ ――あなたの英語学習イメージを変える
第2章 私も英語で苦労した ――外資系の「落ちこぼれ」だった私
第3章 英語であなたの世界は60倍に広がる ――「象さん(感情)」への動機付け
第4章 語彙が増えなければ意味がない ――安く、楽しく、英語をインプットする方法
第5章 「日本語なまり」で問題なし ――アウトプットのために

読んだ感想(レビュー)

電子書籍で読んだせいもあるかもしれませんが、さらさら~っと読める内容でした。具体的な「目からウロコの英語勉強法」を期待してこの本を読むと、ちょっとガックリきちゃうかもしれません。勝間さんの経験(私はこういう方法で成功したetc)は書かれていますが、万人に当てはまるものではないと思うし、私は気にならなかったけれど、鼻につくと感じる人がいるのもわかる気がしました。

ただですね、この本には「英語ができると人生でどんな得をするか」や「英語ができないことで知らず知らずこんな不利益を被っている」ということについてリアルなエピソードが書かれているので、その部分で、個人的には英語学習のモチベーションがアップしました。私も自分の人生をより楽しく、刺激的で、濃いものにしたい・・・そのためには英語は必要だ!と、改めて実感した次第です。

英語学習は、時には「全然上達した気がしない・・・」「こんなことやって何になるんだろう?」と意欲が低下してしまう時期があると思いますが、「最後の英語やり直し! 」は、そんなときに読むと、「よっしゃ、やるぞ!」というパワーをもらえる本な気がします。あ、ただ、別に買わなくても、図書館などで借りられるなら、借りてよめばOKかも。

 

ad

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

関連記事

no image

Hapa英会話セミナーが気になる

日ごろ「Hapa英会話」というサイト(日米ハーフのJunさんが運営)のPodcastを聞いたりブログ

記事を読む

TOEICスコア900超の通訳案内士の人からもらった英語上達のアドバイス

先日、知人の紹介で、TOEICスコア900超、さらに私の目指している通訳案内士の資格を持

記事を読む

アメリカ人と英語でチャットを楽しむ

今年8月に小学生の娘2人を連れてアメリカに短期親子ホームステイを予定しているのですが、最近、

記事を読む

外国に行く前、外国人と話す前に読みたい『そうだったのか!現代史』(池上彰著)

お友達のリツイートで知った「外国人友達と話す時に必ず役立つ現代史本5冊! 元本屋店長のぼ

記事を読む

スタバのコーヒージェリーフラペチーノは日本オリジナル?

昨日、友達とジェイアール名古屋高島屋のスターバックスに行きました。蒸し蒸しするお天気だったの

記事を読む

ad

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑