Lost Skier Dances All Night Long

Lost Skier Dances All Night Long

少し間隔が空いてしまいましたが、聴講生として参加している大学の講義(プラクティカルイングリッシュ)は、テキスト『Can You Belive It?』の、第8章まで進みました。7月下旬に、前期の講義が終わるため、少しペースアップしているような印象を受けます。
学生さんたちは1年単位で講義を取っていると思うのですが、私たち聴講生は、半年ごとの申し込みとなります。したがって、私自身は4月~7月の前期分しか申し込みをしておらず、後期分受講には改めて申し込みが必要みたいです。
といっても、購入したテキストは一年を通して使うそうなので、新たに教材購入の必要もないし、前期に続けて同じ講義を取ると、少し割引もあるようなので、金銭面ではかなり良心的だと思います。まだはっきり決めていませんが、多分、私は後期の受講申し込みをすることになりそうです。

さて、講義は第8章まで進んでしまっていますが、このブログでは第5章までしか記事にしていなかったので、今日は第6章”Lost Skier Dances All Night Long ”のことを書きたいと思います。
(こうして、過去の講義を振り返りながらブログを書くことは、私自身の記憶の定着にも役立っている気がします♪)

Lost Skier Dances All Night Long

第6章のタイトルは、”Lost Skier Dances All Night Long” (行方不明になったスキーヤー、一晩中踊る)。このテキストに登場するお話はすべて実話なので、当然、このお話も実話です。

【あらすじ】
「クリスマスの前の晩、ユタ州のパウダーマウンテンにスキーにでかけたKaren Hartleyさん(33歳)は、道に迷って遭難してしまう。助けを呼んだが誰もこない。夜が来て、気温は氷点下以下に下がり、Karenは身の危険を感じる。このままでは凍えてしまう・・・ということで、彼女は一晩中、雪の上で、ひとり踊り明かす。頭の中で、古いディスコソングや、ポップソング、そしてクリスマスソングを流しながら、生きるために彼女は踊り続ける。
翌朝、ヘリコプターが彼女の捜索を始め、遭難から18時間後、Karenさんは救助される。体が冷え、こちこちになってはいるが、彼女は無事だった。
彼女はクリスマスを温かいお風呂の中で過ごした。」

夜、氷点下の雪山でひとりきり・・・という状況は、非常に恐ろしく、不安に押しつぶされそうになると思いますが、Karenさんは、機転とあきらめない心のおかげで、一命を取りとめたのですね!

New idioms and expressions

この章に登場したイディオムと表現を紹介します。

all night long = during the entire night(一晩中)

by oneself = alone(ひとりで)

by mistake = accidentally; because of mistake(うっかり、誤って)

get lost = become unable to find one’s way(home)(道に迷う)

be scared to death = feel very afraid (とても怖がって、怯えて)

keep one’s head = stay calm in trouble or danger (平静さを保つ)

keep on doing something = continuedoing something(何かをし続ける)

give (something) up = stop trying; quit something(諦める)

look for someone or something = try to find someone or something(何か/誰かを探す)

in the nick of time = at the last possible moment; just before it’s too late
(手遅れになる寸前で、住んでのところで、ぎりぎりで)

be frozen stiff = be very cold (とても寒い、寒さで体がコチコチに凍えて)

all right = fine; OK

黄色く背景色をつけた部分は、私が初めて知ったイディオムです。しっかり使いこなせるように覚えたいと思います。

ad

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

関連記事

Can You Believe It? BOOK2

昨日の記事に書いたように、某大学のプラクティカル・イングリッシュの講義に聴講生として参加 を

記事を読む

プラクティカル・イングリッシュの講義に聴講生として参加

先日、大学のオープンカレッジに聴講生として参加します という記事を書きましたが、昨日、その第

記事を読む

It’s No wonder! That takes the cake! ってどんな意味?

聴講生として参加している大学の講義の初日は、テキスト「Can You Believe It?

記事を読む

no image

英語の寸劇(skit script)作成の宿題

私が聴講生として参加している大学の英語(Practical English)のクラスの課題で、英語の

記事を読む

It’s About Time! cost an arm and a legってどんな意味?

更新の間隔が空いてしまいましたが、聴講生として参加している大学の講義(プラクティカル・イング

記事を読む

ad

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑