大学のオープンカレッジに聴講生として参加します

公開日: : 最終更新日:2014/04/01 オープンカレッジ

ノートとペン

昨年、市内のとある大学の一般向け公開講座(TOEIC対策講座)を受講しました。

▼そのときの記事はこちら(別ブログ)
大人になってから何かを学ぶのは楽しい! 大学の公開講座を受講中

約2か月半、全10回の講義が10,000円(テキスト代込)とお手頃価格だったので、気軽な気持ちで申し込んだのですが、これが思いのほか楽しく、よい刺激を受けることができたので、また機会があったら(大学の英語に関する講義を)受けてみたいなぁ、と思っていました。

そして、先日、同大学のウェブサイトでオープンカレッジ(聴講生)の案内を見かけ、その中に「プラクティカル・イングリッシュ」という興味深い科目があったので、エントリーをしてみました。

ちなみに、「公開講座」と「オープンカレッジ(聴講生)」の違いですが、前者はどの大学が地域の方(社会人)向けに開講する講座で、大学生は受講しないのに対し、後者は、大学生向け授業科目を、学生と一緒に受講するものです。
(単位修得を必要としない一般の方向けに、聴講生として開放されています。)

先日、応募書類(履歴書的なもの+応募動機)を提出し、今日、簡単な面接がありました。面接と言っても別に応募動機を聞かれたり、英語のインタビューがあるわけではなく、「この講座では単位が取れませんが、了承済みですね」「こういうテキストを使います」「教授の都合で休校になる場合は・・・」など、事務的なお話がメインでした。

たまたま私の面接を担当してくださった教授が、昨年受講したTOEIC講座の教授だったので、向こうもだいたい私の英語力はわかっていたたかも?

そして、5日後、大学から聴講生として参加できる旨の連絡(合格)をいただきました!
晴れて、前期期間中(4月~7月)、全15回の講義を、大学生といっしょに受講できることになりました。すごくワクワクした気分♪

単位取得を目的としない聴講生なので、受講料もお手頃(前期分として12,000円/テキスト代込)、講義も平日午前中(つまり、子どもが小学校に行っている間に受講できる)と、主婦的にとてもありがたいです。

自分の年の半分くらいの若い学生さん(←書いていて思ったのですが、私は今37歳なので、ほんと彼ら/彼女らの2倍の年齢ですね・・・っ)といっしょに講義を受ける、というのもいい刺激になりそう♪ ちなみに、私の申し込んだ「プラクティカル・イングリッシュ」は、正規の学生さんにとって、単位取得のための必修科目ではないので、受講生は毎回少なく、アットホームな雰囲気なのだとか。必修ではないのに申し込んでいる学生さん=(得意・不得意は別として)英語が好きな学生さんなんだろうな~と思います。(#^^#)

the return of random chalkboard finds!the return of random chalkboard finds! / josette

 

You’ll be absolutely free only if you want to be. – Frank Zappa

4月最初の講義がいまから待ち遠しいです♪

 

ad

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

関連記事

Can You Believe It? BOOK2

昨日の記事に書いたように、某大学のプラクティカル・イングリッシュの講義に聴講生として参加 を

記事を読む

no image

英語の寸劇(skit script)作成の宿題

私が聴講生として参加している大学の英語(Practical English)のクラスの課題で、英語の

記事を読む

TOEIC IPテスト、受けられず・・・

何度かこのブログに書いているように、私は先月から週1回(90分)、大学の英語の講座(プラクティカルイ

記事を読む

no image

英語の寸劇(skit script)のミスを修正、次回発表です。

久しぶりの更新になってしまいました・・・。(アメリカ旅行が近づいてきたこともあり、親子ホームステイサ

記事を読む

It’s No wonder! That takes the cake! ってどんな意味?

聴講生として参加している大学の講義の初日は、テキスト「Can You Believe It?

記事を読む

ad

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑