通信短大、初めてのスクーリング(英会話Ⅰ) たくさんの刺激をもらいました

公開日: : 通信短大

英語 予習

先週末、土曜・日曜と連続で、通信短大のスクーリング(面接授業)でした。
通信大学や通信短大は、基本的には自宅でひとりで勉強するのですが、年に数回、スクーリングといって教室で直接先生の授業を受ける必要があります。大学・短大によっても異なると思いますが、私の通っている短大は、年に4~5回のスクーリング(1回あたり、2日間または3日間)を受ける必要があります。

私が今回受けたのは「英会話Ⅰ」のスクーリングで、授業は9:30~17:00まで。電車に乗って通学し、丸一日座って授業を聞くなんて相当久しぶりで、新鮮で楽しかったですが、かなり疲れました。(緊張もあったのかもしれませんが…)
それでも一人で家で学習するのとは違って、先生から直接聞く話や新しい表現は、脳の違う場所に格納されていく気がしました。(つまり、スッと頭に入って、記憶に残りやすいような気がしました。)

授業そのものも良かったですが、たくさんのクラスメイトと話すことができ(英語でお互いのことを話すゲームがあったのです)、刺激を受けたのも良い経験でした。社会人の方ばかりで、年代は20代前半の方から50代と思しき方までさまざまでしたが、皆さん、いろいろな立場で、いろいろな夢や目標を持って、通信短大へ通うという選択をされている方なので、パワーに満ち溢れているというか、いきいきしていらっしゃる方が多かったです。
(例えば、現在小学校で英語を教えているが、中学校でも教えたいと思い、中学校の教員免許を取得しに来ているという方。アジア某国のインターナショナルスクールで子どもたちを教えているが、日本の教員免許を取りたくて一時帰国し、教育実習とスクーリングを受けているという方。そのほかにもいろいろな方がいました。)

孤独になりがちな通信大学/通信短大ですが、こうして実際に教室へ行き、生で授業を受けると、すごくパワーをもらえる気がします♪
子育てしながら、仕事と並行しながらのスクーリングは困難なこともありますが、残りのスクーリングも楽しみたいと思います。

I wish my English would be getting by leaps and bounds!

ad

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

関連記事

パラグラフライティング 英語レポートの書き方・例文 トピックセンテンスとは?

この記事は、英語のパラグラフライティングの書き方、英語レポートの書き方・例文、トピックセンテンスとは

記事を読む

短大スクーリング 英語の発音とリズム

世間はシルバーウィーク真っただ中ですが、私は一昨日から今日まで3日間連続の短大スクーリン

記事を読む

通信短大生になりました

私、このたび、通信短大生になりました! 自宅で英語学習を続けていて、今年1月からは

記事を読む

『FAMOUS SHORT STORIES ピューリッツァー賞作家傑作短編集』(朝日出版社)

先月から通信短大生になり、自宅でコツコツ学習を続けています。 さて、上写真は、一昨日か

記事を読む

通信短大、履修科目すべての単位が取れました! 予定通り1年で卒業します。

英語学習のため昨春入学した通信短大、2月頭に最後の科目終末試験(英米文学)を受けたのですが、

記事を読む

ad

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑