英語の寸劇(skit script)作成の宿題

公開日: : 最終更新日:2014/06/26 オープンカレッジ

私が聴講生として参加している大学の英語(Practical English)のクラスの課題で、英語の寸劇の台本(Skit Script)を作成して提出、というものが出ました。条件は、登場人物2人、それぞれ台詞10回以上、今まで講義中に習ったイディオムや句動詞を8個以上使うこと。ということで、やってみました!

skit script

========================
Title: Going to Tokyo Disney Land
Situation: A girl asks her father to take her to Tokyo Disney Land
Characters:1.Girl; 2.Father
========================

Girl: Dad, won’t you take me to Tokyo Disney Land during the summer holidays?
Dad: What?
Girl: Tokyo Disney Land! According to my friends, most of classmates except me have been to TDL. I want to go there!
Dad: I see.
Gils: That’s very fun, for sure!
Dad: Yes, but it costs an arm and a leg to go to TDL from Aichi, you know, shinnkansen tickets, park tickets, and hotel charge.
Girl: Can you afford it?
Dad: I’m afraid I can’t.
Girl: Come on, dad! Please!
Dad: Let me think…
Girl: Why don’t you get in touch with aunt Hanako in Chiba?
Dad: For what?
Girl: She may accommodate us for one night. If so, we don’t need to pay hotel charge.
Dad: Oh, that’s a good idea!
Girl: We meet her once in a blue moon. In fact, it has been long time since we met before. I’m dying to meet her!
Dad: Difinitely! It’ about time to meet her. I’ll ask her right away.
If she would say yes, let’s go to TDL and stay her house.
Girl: Thank you, dad! You have a heart of gold!
Dad: Don’t butter me up.
Girl: It’s my candid opinion. I’m in seventh heaven!
Dad: We’ll have a great time there.

(※太字にしたところが今までに習ったイディオム&句動詞です。8個以上が条件だったので、できる限り盛り込んでみました!)

日本語訳

娘:パパ、夏休みに東京ディズニーランドに連れて行ってくれない?
父:なんだって?
娘:東京ディズニーランドよ! 私の友達によると、クラスのほとんどの子が行ったことあるんだって、私以外。私も行きたいよ!
父:そうか。
娘:すっごく楽しいよ、絶対。
父、うん、でもな、愛知から東京ディズニーランドに行くのにはすごくお金がかかるんだよ。ほら、新幹線の切符だろ、パークの入場チケットだろ、それに、ホテル宿泊費。
娘:そのお金、出せる?
父:悪いけど、出せそうにないよ・・・
娘:ねぇ、パパ、お願い!
父:ちょっと考えさせてくれ。
娘:千葉の花子おばさんに連絡してみたら?
父:何のために?
娘:一晩泊めてくれるかもよ。そしたら、ホテル代はかからないじゃない。
父:なるほど、それはいい考えだ。
娘:私たち、おばさんにはめったに会えないでしょ。実際、もう長いこと会っていないもの。すごく会いたいわ!
父:うん、確かに。そろそろ彼女に会っておく頃合いだろうな。わかった、すぐに聞いてみるよ。彼女がいいって言ったら、彼女のところに泊めてもらって、東京ディズニーランドに行こう。
娘:ありがとう、パパ! 本当にやさしくて気前がいいのね。
父:お世辞はいいよ。
娘:あら、本心よ。すっごく幸せな気持ちよ。
父:きっと楽しい時間が過ごるだろうね。

*

ほんとうは、クスッと笑えるオチのあるお話が作れたらよかったのですが、会話の流れがおかしくならないように配慮しつつ、イディオムをできるだけたくさん使うのに苦労して、笑えるオチまでは用意できませんでした・・・。

まだ提出前なので、もしかしたらミスがあるかもしれません。
どんな評価がもらえるかドキドキです。

ad

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

関連記事

Fit as a fiddle (元気で、ぴんぴんして)

聴講生として参加している大学の講義(プラクティカルイングリッシュ)。 テキスト『Can

記事を読む

no image

英語の寸劇(skit script)のミスを修正、次回発表です。

久しぶりの更新になってしまいました・・・。(アメリカ旅行が近づいてきたこともあり、親子ホームステイサ

記事を読む

It’s No wonder! That takes the cake! ってどんな意味?

聴講生として参加している大学の講義の初日は、テキスト「Can You Believe It?

記事を読む

The Longest Hair in the World (世界一長い髪)

聴講生として参加している大学の講義(プラクティカルイングリッシュ)。 テキスト『Can Y

記事を読む

It’s About Time! cost an arm and a legってどんな意味?

更新の間隔が空いてしまいましたが、聴講生として参加している大学の講義(プラクティカル・イング

記事を読む

ad

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑