英語の寸劇(skit script)のミスを修正、次回発表です。

公開日: : オープンカレッジ

久しぶりの更新になってしまいました・・・。(アメリカ旅行が近づいてきたこともあり、親子ホームステイサイトはコツコツ更新しているのですが。)

さて、6月末に英語の寸劇(skit script)作成の宿題として、英語の寸劇のスクリプトを書いたのですが、先生にミスを訂正してもらった原稿が返ってきたので、どこが間違っていたのか確認したいと思います。

========================
Title: Going to Tokyo Disney Land
Situation: A girl asks her father to take her to Tokyo Disney Land
Characters:1.Girl; 2.Father
========================

Girl: Dad, won’t you take me to Tokyo Disney Land during the summer holidays?
Dad: What?
Girl: Tokyo Disney Land! According to my friends, most of my classmates except me have been to TDL. I want to go there!
Dad: I see.
Gils: That’s It’s gonnna be very fun, for sure!
Dad: Yes, but it costs an arm and a leg to go to TDL from Aichi, you know, shinnkansen tickets, park tickets, and hotel charge.
Girl: Can you afford it?
Dad: I’m afraid I can’t.
Girl: Come on, dad! Please!
Dad: Let me think…
Girl: Why don’t you get in touch with aunt Hanako in Chiba?
Dad: For what?
Girl: She may accommodate us for one night. If so, we don’t need to pay hotel charge.
Dad: Oh, that’s a good idea!
Girl: We meet her once in a blue moon. In fact, it has been a long time since we last met before. I’m dying to meet her!
Dad: Difinitely! It’ about time to meet her. I’ll ask her right away.
If she would says yes, let’s go to TDL and stay at her house.
Girl: Thank you, dad! You have a heart of gold!
Dad: Don’t butter me up.
Girl: It’s my candid opinion. I’m in seventh heaven!
Dad: We’ll have a great time there.

===

赤字が先生から修正が入った部分です。打消し線の単語は不要とのこと。

初歩的な三単現のsの付け忘れや、前置詞、冠詞を抜かしてしまうなどもあって反省・・・。 “That’s very fun.”は、”It’s gonnna be very fun.”というのですね。(たしかに、すごくナチュラルな英語に聞こえます。)

今週、前期(全15回)最後の講義があるのですが、その講義中にこの寸劇を発表することになっています。上のスクリプトで、私はGirlの役をやることになっていて、クラスメイトの誰かかFatherをやってくれる予定です。Father役に選ばれた人はその場でskit scriptを見ながら読めばよいのですが、私(Girl)は台詞を暗記していく必要があるので、ドキドキです。大丈夫かしら。(^^;

ちゃんと発表できるよう、できるだけ覚えて授業に臨もうと思います!

ad

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

関連記事

Lost Skier Dances All Night Long

少し間隔が空いてしまいましたが、聴講生として参加している大学の講義(プラクティカルイング

記事を読む

Fit as a fiddle (元気で、ぴんぴんして)

聴講生として参加している大学の講義(プラクティカルイングリッシュ)。 テキスト『Can

記事を読む

It’s No wonder! That takes the cake! ってどんな意味?

聴講生として参加している大学の講義の初日は、テキスト「Can You Believe It?

記事を読む

The Longest Hair in the World (世界一長い髪)

聴講生として参加している大学の講義(プラクティカルイングリッシュ)。 テキスト『Can Y

記事を読む

プラクティカル・イングリッシュの講義に聴講生として参加

先日、大学のオープンカレッジに聴講生として参加します という記事を書きましたが、昨日、その第

記事を読む

ad

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑