外国に行く前、外国人と話す前に読みたい『そうだったのか!現代史』(池上彰著)

公開日: : 日々の英語学習

そうだったのか!現代史

お友達のリツイートで知った「外国人友達と話す時に必ず役立つ現代史本5冊! 元本屋店長のぼくが選んでみました 」の記事を読んで、池上彰さんの文庫『そうだったのか!現代史』シリーズを買いました。

恥ずかしながら、現代史、知らないことが多くて、「これってそういうことだったんだ!」と思うことがたくさんありました。池上彰さんの説明もとてもわかりやすいです。

「ベルリンの壁って、東西ドイツの境にあったんじゃないの?」
「中国と台湾はどうして仲が悪いの?」
「インドとパキスタンはなぜ仲が悪いの?」
「なんで北朝鮮に帰って行った人たちがいるの?」
「アウン・サン・スー・チーさんはなぜ自宅軟禁されていたの?」

などなど、今さら聞けない、ぼんやりとはわかっているけど詳細は分からない、という疑問に答えてくれる内容です。時事問題に疎いのが悩みで・・・という方は読んでみると良いかも。

わが家では、今年4月にシンガポール人夫妻のホームビジットを受け入れて、その後も彼らとSNSでつながっているのですが、先日シンガポール独立50周年の際に、50周年イベントの写真を彼らが投稿しているのを見ました。でも、恥ずかしながら、50年前にどういう経緯があってシンガポールが独立したのか、ということは全然知りませんでした。

今年1月~7月に日本を訪れた外国人旅行者は1105万8300人で、去年の同じ期間より46.9%も増えたと言います。(政府観光局の推計より) これから東京オリンピックの2020年までに、さらに訪日外国人は増えていくと思われます。

これは、海外旅行に行く人だけでなく、日本国内にいても、外国人と接する機会は今後増えていくという意味。英語学習も大切ですが、それと同時に、現代史について学ぶことも必要だと切に感じています。


そうだったのか!現代史 (集英社文庫)


そうだったのか!現代史〈パート2〉 (集英社文庫)


そうだったのか!アメリカ (集英社文庫)

全体としての歴史の流れはありますが、この本ではひとつひとつの章が読み切りになっているので、どこから読んでも大体OK。文庫版は安価で持ち歩きもしやすいので、ちょっとした空き時間にパラパラめくって読むのにぴったりです。

ad

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

関連記事

ESL Podcast 1005 – Complimenting Your Host (ホストへの褒め言葉)

最近よく聴いているESL Podcast、一昨日配信された「ESL Podcast 10

記事を読む

ニュージーランド旅リポーター募集中! 10日間タダで夢の世界へ行けるそうです。

友達のシェアで知ったのですが、ニュージーランド政府観光局では、息を飲むような絶景やとびっ

記事を読む

スタバのコーヒージェリーフラペチーノは日本オリジナル?

昨日、友達とジェイアール名古屋高島屋のスターバックスに行きました。蒸し蒸しするお天気だったの

記事を読む

アメリカ人と英語でチャットを楽しむ

今年8月に小学生の娘2人を連れてアメリカに短期親子ホームステイを予定しているのですが、最近、

記事を読む

no image

最後の英語やり直し! (勝間 和代 著)

勝間 和代さんの著書「最後の英語やり直し!」を読みました。 上はAmazonのリンクで

記事を読む

ad

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑