TOEIC IPテスト、受けられず・・・

公開日: : オープンカレッジ

何度かこのブログに書いているように、私は先月から週1回(90分)、大学の英語の講座(プラクティカルイングリッシュ)に、聴講生として参加をしています。週に1回しか行かないのですが、一応「聴講生」という身分で学生証が発行され、大学の無料Wi-fiが利用できたり、図書館を使えたりします。

前々回の講義で、先生がTOEIC IPテストの案内をしてくれました。TOEIC IPテストは、団体特別受験制度(IP:Institutional Program)を使用したテストで、企業や大学などで行われます。今回、この大学でもTOEIC IPテストを予定しているので、希望者は受験申し込みをしてください、という内容でした。
年10回開催される公開テストに比べ、やや信頼が薄いといった声も聞かれますが(※評価する側の判断によるようです)、私はどこにスコアを出すわけでもなく、純粋に自分の現在の実力を確認したいだけなので、公開テストでもIPテストでもどちらでも構わないと思っています。難易度の差があるわけではないですしね。むしろ、TOEIC IPテストのほうが受験料も1,000円ちょっと安いし、受験会場も普段講義を受けている教室なので、安い&近いで、ありがたいくらいです。

ということで、受験料を添えて、大学に申し込みをしたのですが・・・

なんと、「受験者が10名以上いること」というIPテストの条件を満たすことができず、(※今回受験希望者は私を含めて8名だったそうです)、テストが不成立となってしまったそうです。(><)
受験料は返却されるので、まぁ、痛手はないのですが、受ける気持ちになっていたので、ちょっとガックリ。

先生曰く、前期のTOEIC IPテストはもうないけれど、後期のTOEIC IPテストが冬ごろにある予定なので、またそちらで受験してみてください!とのこと。
いま受講しているプラクティカルイングリッシュの講義は、半年間(前期)の受講申し込みをしていて、後期をどうするかはまだ決めていないんですよね。聴講生という身分がないと、TOEIC IPテストには参加できないので、もし後期も聴講生としての受講を継続していたら、そのときは再度IPテストの申し込みをしてみたいと思います。

▼少し前に購入して、最近よく読んでいるTOEIC本


1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

 


新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

ad

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

関連記事

A Heart of Gold  ”金のハートを持った人”ってどういう意味?

Swoon / knitsteel 聴講生として参加している大学の講義(プラクティカルイン

記事を読む

Can You Believe It? BOOK2

昨日の記事に書いたように、某大学のプラクティカル・イングリッシュの講義に聴講生として参加 を

記事を読む

It’s About Time! cost an arm and a legってどんな意味?

更新の間隔が空いてしまいましたが、聴講生として参加している大学の講義(プラクティカル・イング

記事を読む

大学のオープンカレッジに聴講生として参加します

昨年、市内のとある大学の一般向け公開講座(TOEIC対策講座)を受講しました。 ▼その

記事を読む

プラクティカル・イングリッシュの講義に聴講生として参加

先日、大学のオープンカレッジに聴講生として参加します という記事を書きましたが、昨日、その第

記事を読む

ad

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑